月別アーカイブ: 2014年1月

ふくしま暮らし、はじめました

来る2月より復興庁の市町村応援職員として、福島県浪江町役場・二本松事務所に派遣され、約1年間、復興推進課にて広報のお手伝いをします。正式な辞令に先立ち、ボランティアとして1月16日から勤務を開始しました。

浪江町は沿岸部から北西にかけて長いひょうたん型をしています。ちょうど放射線の高濃度汚染地域と重なるような形になっていて、町域の約8割が帰還困難区域です。沿岸部を中心とした低線量地域は避難指示解除に向けて除染が始まっていますが、2014年1月現在も全町民が避難しており、町役場もほとんどの機能が二本松市内の事務所に移転しています。

144(浪江町ホームページより許可を得て転載)

先日、公務の一環として役場職員といっしょに浪江町内に立ち入らせてもらいました。報道などで見聞きしてきた「被災地の風景」ですが、自分の目で見るのは初めてでした。以下にその風景をいくつか掲載します。

(1)二本松市から浪江町沿岸部の津波被災地に行くには、北西部の帰還困難区域を通っていく必要があります。この区域の立ち入りには通行証が必要です。この先のスクリーニングポイントで線量計を借りました。

DSC_0451

(2)帰還困難区域にあるモニタリングポストのひとつは、9.856マイクロシーベルト/毎時を示していました。一方、避難指示解除準備区域である沿岸部は0.2から0.4くらいでした。

DSC_0449

(3)常磐線浪江駅は海から5キロほど離れており、津波の被害は受けませんでしたが、商店街では地震によって倒壊した(しそうな)建物をあちこちに見かけました。通行の妨げになっているものを除いて手が付けられていません。一方で、ほぼ無傷の建物もかなり残っており、原発事故がなければ今ごろ商店街はとっくに再興を果たしていたのではないかと思われます。このあたりの線量は比較的低く、日中の立ち入りは自由な地域です(ただし浪江町は独自に検問を設けています)が、伸び放題の雑草がそのまま立ち枯れた無人の町は、異様というか、SF映画のセットのような不思議な光景でした。

DSC_0464

DSC_0454

(4)JR常磐線の線路。いまのところ復旧の目処は立っていないそうです。ここから津波被災地へ向かいます。

DSC_0468

(5)請戸港への道。この辺は田んぼだったそうです。雑草の海のなかに車が点々としていました。

DSC_0472

(6)請戸の慰霊碑の後ろには漁船がそのまま。そのとなりには行き場所の決まらないガレキが積まれたままです。

DSC_0477

DSC_0482

(7)港からすぐの請戸小学校。地震の影響も大きかったようで、体育館の床は大きく陥没していました。その校庭ではガレキの選別作業が黙々と行われていました。

DSC_0486

DSC_0496

(8)低線量の沿岸部では、今年1月からやっと本格的な除染(すなわちモデル除染ではなく)が始まったそうです。でも除染で出た土やゴミは、中間貯蔵施設が決まるまでだれかの土地に置かせてもらうしかないので、まず住民合意が必要です。

DSC_0504

(9)行きと同じスクリーニングポイントで線量計を返却します。約6時間の滞在で累積被ばく量は4マイクロシーベルトでした。また、ここで身体や車の放射線量を計り、必要があれば除染してもらいます。

DSC_0508

これからも随時、福島および東北の被災地からお伝えしていきたいと思います。

「ふくしまを忘れない」というとき、それは3年たってもガレキがそのままとか、いまだに15万人が避難生活とか、そういうことを知って「ああ、たいへんだな、気の毒だな」と感じることだけではないと思います。原発の必要性について、震災後だれでも思いを馳せた一瞬があったのではありませんか?「忘れない」ということは「考え続ける」ということ。原発推進でも脱原発でも、そう簡単には決められない難しい問題だからこそ、日本のエネルギー政策はどうあるべきか、すなわち日本をどんな社会にしていきたいのか、我々一人ひとりが自分の頭で考え続けることが、この国の将来にとって決定的に重要だと思っています。

(このブログの内容は執筆者個人の意見に基づくものであり、執筆者が所属する組織等の見解を示したものではありません)

広告