月別アーカイブ: 2010年7月

台湾、素食天国

3泊4日の台湾旅行にいってきました。
故宮博物館をじっくり見るのと、素食を堪能しに行くのが目的でしたが、どちらも大満足でした。

特に素食。
「地球の歩き方」には精進料理レストランコーナーに3軒ほど載ってるだけで、大した扱いはされていません。ネット検索でも大した情報がとれなかったので、とりあえずそのうちの1軒、バイキング形式だという素食レストランに行ってみて、びっくり。

なんなんだーこの種類の多さは!!!

大豆たんぱくの肉もどきを多用した台湾菜食料理は、日本でも食べたことがありますが、ここではそのバラエティたるや・・・(絶句)。

もちろん炒め物だけでなく冷菜系もたくさん。「日本料理もどき」コーナーでは、刺し身もどき(おそらくコンニャク)や海苔巻きも。
それに定番の点心やスープ、麺類も多種類あります。
そしてデザートコーナーも超充実。(こちらは卵や牛乳つかったのもあり)
細かく数えれば、全部で100種類くらいは品数あったんじゃないでしょうかねえ。

翌日行った2軒目も同様。というかそれ以上の品揃え。

ただ、決してヘルシーとは言いがたいですね。
かなりの油です。揚げ物は基本的にパスしたほうがよさそうな気がしました。
でも、とりすぎた油も、あのお茶の威力でほんとに洗い流される気がするから不思議。

さらに驚くのは、こうしたレストランの広さと人の多さです。
お坊さんもちらほら見かけましたが、平日の夜というのに6時すぎから家族連れやら友人同士やら、グループがたくさん来ています。
菜食って立派に市民権得てるんだなと思いました。

それにしても、みんな驚くべき食欲です。
バイキングは楽しいけど、各自の食べ残しや大皿に余った料理のことを考えると、この仕組みはどうかなあ・・・
といつも懸念してるのですが、我侭にも今回ばかりはバイキングでよかったー!!と思った台湾旅行でした。

ちなみに、台湾ではヨガスタジオを見つけてドロップインしました。イケメン先生の台湾語によるヴィンヤサクラス。何を言ってるのかさっぱりわかりませんでしたが、とりあえずクラスにはついていけました(笑)。

おしゃれなスタジオ(ただし鏡張り)、シャワー完備(シャンプーリンスつき)、タオルも使い放題で、ドロップイン90分レッスンが500台湾ドル(1500円弱)。なかなか良いです。

さて、滞在中にエチカの解説書、「スピノザの世界」をいちおう、読み終わったのですが、これはあと2回くらい読まないと感想文が書けなそうなので、また後ほど・・・

広告