月別アーカイブ: 2010年4月

キリスト教とは何か。

こないだ、偶然コンビニの雑誌コーナーで、Pen5月号別冊の「キリスト教とは何か。」というのを見つけました。780円でこれはかなり得した気分です!

教会の壁画や中世~ルネサンス絵画からキリスト教を読み解くという主旨ですが、「大幅増補!」と謳っているだけあって、すごく内容充実しています。旧約・新約聖書の人物系譜なんて、かなりエキサイティング。幼稚園含めて18年ミッション系の学校に通いましたが、こんなの見たことありませんでした。

旧約聖書のモーセの出エジプト記の中で、神がモーセに向かっていう言葉。「私はある。あるという者だ」。

I am that I am. 

「自分はあらゆるところに存在するもの(ハイウェ)であり、これが旧約聖書の神『ヤハウェ』の語源となっている。名前ではなく、神の概念を表すものとして呼ばれることが興味深い。これがユダヤ教の厳しい偶像崇拝禁止に繋がるのである」

と解説がついています。わたし的にはかなり「ふむふむ」でした。

あらゆるところにいるんだから、すべてのものに神が宿る→多神教。アニミズム。

あらゆるところに偏在するひとつの神→一神教。このほうが人格化して絵には描きやすい。

同じ概念を別の角度から見てるだけなんでしょうね。

個人的には前者のほうが得心が行くのですが、やはり文字が読めない人々にこういう概念(智恵)を広めようとすれば、絵を使わざるを得なかった、という事情は理解できます。(まあ、ヒンズーみたいにビジュアル系の多神教もありますし)

ただ、文字で書かれた聖書であっても、そもそも書かれた年代がばらばらだったり、途中でほかの信仰の要素が混ざったり、教団の組織化とともにいろんな解釈が加わったりしてるのは、ほかの聖典と同じようです。

聖典の勉強はアシュタンガにも入ってますが、なんにしても「オリジナルの教え」からは変遷してきているものだ、と念頭において読むべきだなと思いました。

広告